高齢者における認知症と便秘との関連性

高齢者における認知症と便秘との関連性

これについては今のところ、はっきりとした確実性のある根拠についてはわかりませんが、高齢者における認知症と便秘との関連性があることが、最近の医療機関や福祉施設においての報告などからわかってきたようです。

 

事実、これらの全国にある各施設においては、その認知症の症状がヒドイ高齢者であるほどに、重度であるなどといった傾向があるそうです。こうした報告を受けて、最近では認知症である高齢者の新陳代謝機能の促進をするために、多くの水分をお茶などを利用して採らせて便秘症にならないような取り組みが、全国にある老人福祉施設内において既に実践をされたりしています。

 

またこうした入所者である高齢者だけではなく、訪問介護などのヘルパーサービスを受けたりしている在宅である認知症である高齢者の場合にも、こうした取り組みがなされたりしているようです。これはあくまである特定の老人医療専門医師による意見ですが、やはり高齢者の多くは体質的にも中高年や若年層である方などよりも体内においての水分の含有率が少ない傾向があり、そうした体質が体内の新陳代謝面においての鈍化をもたらし、それにより認知症が進んだりしてしまうなどといった事情があるそうです。そうした面でも認知症の進行と便秘との関係などが否定できませんので、やはりなるだけ日頃から多くの水分を高齢者の方の飲ませたりしておくことはとても大事な事であるといえます。

 

しかしながら、そうした心掛けではあっても、高齢者の中にもあまり飲み物を飲んだりしない方などもいますので、そうした高齢者である認知症が深刻な方の場合に課題がああります。

 

この場合、飲み物を本能的にあまり飲んだりする習慣がありませんので、なるだけ水分が多い食事のメニューを多くするなどといった方策なども、老人福祉施設などにおいては考えられたりしているようです。このように、高齢者の認知症の進行を防ぐためにもその一因としての疑いがある便秘の予防策がなされてはいますが、まだまだ課題が多いのが現状です。