吐き気やめまいを起こす妊娠中の便秘の具体的な解消方法

吐き気やめまいを起こす妊娠中の便秘の具体的な解消方法

現在妊娠している方で、便秘に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

妊娠する前は便秘の経験なんて一度もなかったのに、
お腹が大きくなるにつれて、全然出てくれなくてお腹が痛い…。
でも、便秘薬などはお腹の赤ちゃんの為に飲みなくない…。
という方も多いと思います。

 

便秘がひどいときには、吐き気やめまいなども起こってしまいます。

 

ではなぜ、妊娠すると便秘になりやすくなってしまうのでしょうか。

 

赤ちゃんは子宮の中でどんどん成長して大きくなっていきます。
その子宮の位置が、腸の位置ととても近いので、
赤ちゃんが大きくなるにつれて、便の通り道である腸が圧迫されてしまうのです。
妊娠後期になると、腸だけでなく胃も圧迫されて小食になってしまう場合もあるくらいです。

 

他にも、ホルモンの影響でお母さんが摂取した水分や栄養を、
赤ちゃんに優先的に送るように体が指示を出すようになります。
そうなると排便に欠かせない「水分」も不足しがちになってしまうのです。

 

では、具体的に便秘を解消する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

まず1つ目は「水分」を多めに摂取することです。
普段意識しないと不足しがちな水分を、意識して多めに摂取することで、
便に水分が含まれて、便が排出されやすくなります。
つわりがひどい方は、水を飲んだだけでも吐き気がひどくなってしまうこともあるかと思いますが、
水分不足は赤ちゃんにも影響してしまいますので、
少しずつでも摂取するようにしてください。
また、白湯のように温かくして飲むのも効果的です。

 

2つ目は腸内環境を整えることです。

 

腸内環境を整えるのに適した食べ物は、

 

  • ヨーグルトなどの乳酸菌
  • 納豆などの発酵食品
  • オリゴ糖を摂取して善玉菌を増やす
  • こんにゃくや海藻類などの食物繊維

 

を積極的に摂取することで、腸内を活性化させて通りをスムーズにさせる効果があります。
ヨーグルトにオリゴ糖をかけて毎朝食べる、など
習慣化させると、便通にも効果を発揮できるかもしれません。

 

健康な赤ちゃんの誕生のためにも、
お母さん自身の便秘を解消して、ストレスなく快適な妊娠ライフを送りたいですね。

 

エアバギーココ
カイテキオリゴの口コミや体験談まとめ